ケースの内容

女子高校生に対する強制わいせつ事件です。依頼者は以前にも同じような事件を起こしていて処分されていましたので,刑務所に行くおそれは十分にありました。

相談・依頼のきっかけ

警察に捕まった人が無料で一度だけ弁護士の出動を依頼できる当番弁護士制度を,依頼者が利用したのがきっかけです。

弁護活動とその結果

性加害者の専門治療を受ける約束を裁判でしたことと,判決直前に示談を成立させたことで,保護観察付きの執行猶予判決を勝ち取ることができました。

解決のポイント

諦めずに粘り強く示談交渉したことと,依頼者がまだ若かったこともあり,両親が被害者に直接謝ったことが解決のポイントでした。