ケースの内容

依頼者は外国人留学生で,18歳未満の女性と淫行をしたとして青少年健全育成条例違反で逮捕・勾留されました。

相談・依頼のきっかけ

警察に捕まった人が無料で一度だけ弁護士の出動を依頼できる当番弁護士制度を,依頼者が利用したのがきっかけです。

弁護活動の内容と結果

依頼者が18歳未満の女性と淫行したとされる日時にアリバイが成立することを,依頼者の国内外にいる関係者に協力を得て証明しました。被害者とされていた女性が嘘をついていたことが明らかにしました。その結果,不起訴になり釈放されました。

解決のポイント

依頼者の交際相手(彼女)が,依頼者の言葉を信じて,全面的に協力してくれました。この協力がなければ,アリバイ立証は難しかったでしょう。