ケースの内部

夜の電車内での痴漢事件です。現行犯逮捕された依頼者本人は、わざと触ってもいないし、誤って触ってしまったということもないと、犯行を完全に否定していました(否認事件)。

相談・依頼のきっかけ

依頼者本人の逮捕を、本人と警察からの連絡で知ったご家族からのご相談でした。すぐにでも動いてほしいということで、弁護人の選任や委任契約は、ご家族との間で行いました。

弁護活動とその結果

私は、依頼者本人と面会するために、すぐ警察署に向かいました。依頼者本人から痴漢容疑の内容や、痴漢をしたのかどうか、今後の弁護方針を依頼者本人と話し合いました。身の潔白を主張しつつ、早期釈放を目指すことになりました。

事務所に戻り、ご家族と打ち合わせをして、早期釈放のために必要な書類をご家族から預かりました。

その日深夜までに、検察官に対して,釈放するように求める意見書を、裁判官に対して,勾留請求を却下することを求め意見書を書き上げて、検察庁と裁判所に意見書をFAXしました。

意見書を出したこともあって、翌日、依頼者は無事釈放されました。警察署に留置されていた期間は48時間(2日)以内ですみました。

解決のポイント

ご家族がすぐに動いて、弁護士に依頼してくれたため、逮捕から勾留に切り替わる前に、釈放を求める意見書を提出できたことが、早期釈放が実現したポイントです。

今回は否認事件でしたが、否認事件で勾留を阻止して早期に釈放されるのは難しいです。しかし,依頼者は家族がいて定職についているなど、身元がしっかりしていたということも早期釈放が実現したポイントです。