治療的司法,依存症に特化した刑事弁護なら

  • 048-700-3207
お気軽にお問い合わせください

逮捕とは?

逮捕の意味,逮捕の種類,逮捕の要件,逮捕された後の流れ,弁護士を雇うメリットについて,弁護士がわかりやすく解説します。

覚醒剤依存と再犯

覚醒剤の依存症は適切な治療を続けない限り,回復は難しいです。覚醒剤の使用・所持は再犯に至りやすいことを,統計データ(同一罪名再犯率,執行猶予取消率,出所受刑者の再入率)で弁護士が説明します。

覚醒剤事件の判決の傾向

一般的な覚醒剤の使用・所持の事件は,ほぼ正式な裁判にかけられます。では、裁判所が下す判決はどのような内容になるでしょうか? 弁護士が説明します。

保護観察とは?

保護観察とは一体何でしょうか? 保護観察の意味,保護観察の対象となる人,保護観察の期間,保護観察をする担当者,保護観察でのルールを弁護士が解説します。

覚醒剤事件における保釈

覚醒剤の所持・使用事件における保釈について、その意味、手続、要件、保釈保証金の相場、保釈の認められやすさ、注意点などを弁護士がわかりやすく説明します。

覚醒剤の脳内での働き

覚醒剤を体内に入れるとどのようなことがおきるのか? 覚醒剤の脳内での働きについて,覚醒剤事件を特化して扱っている弁護士が説明します。

勾留の期間はどれぐらい?

何日も勾留されて外に出られないと,仕事や学業に多大な影響を及ぼします。そのため,いつ出られるのか心配だと思います。勾留の期間がどれぐらいかを,法律と統計データに基づいて,弁護士がわかりやすく解説します。

勾留の要件

逮捕後に,長期間の身体拘束である勾留に移行することが少なくありません。そこで,どのような場合に勾留されてしまうのか? 勾留させないための方法について、弁護士がわかりやすく解説します。

勾留の期間はどれぐらい?

何日も勾留されて外に出られないと,仕事や学業に多大な影響を及ぼします。そのため,いつ出られるのか心配だと思います。勾留の期間がどれぐらいかを,法律と統計データに基づいて,弁護士がわかりやすく解説します。

勾留の要件

逮捕後に,長期間の身体拘束である勾留に移行することが少なくありません。そこで,どのような場合に勾留されてしまうのか? 勾留させないための方法について、弁護士がわかりやすく解説します。