刑事事件や刑事手続では、日常生活では聞き慣れない言葉が多く出てきます。そのような言葉の中で、できれば理解しておきたい基本的な用語について、わかりやすく、かつ、シンプルに説明します。

被疑者
犯罪の嫌疑を受けているが、起訴されていない人
被告人
犯罪の嫌疑を受けていて、起訴されている人
逮捕
短期間(最大72時間)の身体の拘束
勾留
長期間(長くて20日)の身体の拘束
準抗告
裁判官が決めた勾留などに対する不服申立て
保釈
起訴後に、保釈保証金を裁判所に預けることで、釈放されること
起訴
被疑者を刑事裁判にかけること
略式罰金
簡易な手続で罰金刑になること(刑事手続が終了して釈放されます)
起訴猶予
起訴がなされず、釈放されること
処分保留釈放
処分を決めずに釈放すること
公判
公開の法廷で行われる裁判手続
実刑
刑務所に行くこと
執行猶予
刑務所に行くことを免れること