治療的司法,依存症に特化した刑事弁護なら

  • 048-700-3207
お気軽にお問い合わせください

3つの強み・特色

当サイトの弁護士が強み・特色をお伝えします

治療と回復も重視

治療と回復も重視

依存(症)や嗜癖(アディクション)に関する刑事事件は、処罰するだけでは何も解決しません。再び罪を犯させないためには、治療と回復が不可欠です。そのため、ただ処罰を軽くすることを目的とする弁護だけでは不十分です。

専門知識を活用

専門知識を活用

治療と回復をサポートするには、単なるお説教ではまったく効果がありません。精神医学や心理学の専門知識に裏付けられたサポートが必要です。心理学の専門知識を活用して、治療と回復をサポートします。

受任は3件まで

受任は3件まで

刑事弁護のご依頼は、3件までに制限しています。刑事事件の弁護の基本は、警察署での面会です。受任数が増えると、どうしても面会の頻度が減ってしまいます。それを避けるためには、受任数を制限しなければなりません。

解決実績

今までの取り扱った(1)事件の内容,(2)相談・依頼のきっかけ,(3)弁護活動とその結果,(4)解決のポイントをご紹介します。

料金設定

標準的な料金設定は次のとおりです。

法律相談
0円
法律相談は初回無料です
着手金
20万円
犯罪をしたことを認めている事件の場合
報酬金
30万円
不起訴,執行猶予,減刑の場合

法律相談の予約

お電話によるお問い合わせはこちら
048-700-3207
9:00-20:00(年中無休)

法律相談の予約

メールのでお問い合わせはこちら
お問い合わせ

最新記事

勾留の期間はどれぐらい?

何日も勾留されて外に出られないと,仕事や学業に多大な影響を及ぼします。そのため,いつ出られるのか心配だと思います。勾留の期間がどれぐらいかを,法律と統計データに基づいて,弁護士がわかりやすく解説します。

勾留の要件

逮捕後に,長期間の身体拘束である勾留に移行することが少なくありません。そこで,どのような場合に勾留されてしまうのか? 勾留させないための方法について、弁護士がわかりやすく解説します。

FAQ

お客さまからよくお問い合わせのある質問と、その回答をご紹介します。

電話での法律相談はできますか?
申し訳ありませんが、電話での法律相談はできません。

ただ、今後は遠隔地のお客さま向けにテレビ会議による法律相談を準備中です。
犯罪をしてしまったのですが、警察に逮捕されるでしょうか?
警察に逮捕されるかどうかについては、お答えできません。

自首をしたいけどどうすればいいのかとか、逮捕されたときにどうすればよいのかという質問であればお答えできます。

お問い合わせフォーム

メールでのお問い合わせはこちらから